いわにち「カフェバーで芝居」

b0061919_081465.jpg 連続投稿。御察知の方もいらっしゃるかと思いますが、お盆返上で元気に仕事中!でございます(笑)。あー、今年は海にもキャンプにも行ってねえよ〜。これがワーキング・プアのデススパイラルなのか。ぢっと手を見る。

 「盛岡絶賛系」のサワノさんにお声をかけていただき、芝居のチラシをデザインさせていただきまして。この度無事、楽日を迎えられたようです。いやめでたい。因みにチラシのカメラはOカメ。同期会に呼んでもさっぱり顔ださないOカメ。嫌われてるよーです(笑)<と言うと「そんなことないですよ〜」と言う、善人ぽいあの笑顔に騙されてはいけない!!<まあ、今回は「適任」と思ったので、そういうことヌキでお願いしたわけです。プロなのでっ。
 
 「卯の卵」という芝居、実際のカフェバーを舞台に、3人の役者が繰り広げる恋愛劇。本番は見に行けなかったけど、脚本はちゃんと読んだよ。
 わたくし、その昔、一度だけ芝居の音響マンをやったことがあるのですが、あれほどキンチョーしたことはありません。モデルとして青森モーターショーのランウェイで歩いた時もそんなにキンチョーしませんでした。<そんなこともあったのさ。。。田舎だからさー、人が足りなくて。
 ま、芝居はですね。一番やって楽しいのは「役者」、なんですよね。打ち上げでも一番楽しそうなのは役者の人々で、裏方は「反省会」に突入しちゃったりするので始末が悪い。

 懐かしいなー、20代の頃。
[PR]
by kids_blog | 2006-08-16 00:15 | いわにち


<< 最近のことなど。 あさひ全面広告「日本のみなさまへ」 >>