いわて銀河プラザなど。

 東京に岩手のアンテナショップがあるんですよー。しかも銀座。歌舞伎座の真ん前。いわて銀河プラザっていうんですけど、そこで27日限定でミニコミを売ってもらえることになりました。福田パン特集のミニコミ2号、本日30部送り出しました。こちらも完売するといいな〜。東京の方は行ってみてね。以下、ミクシからのコピペ。
+++++++++++++++++++++++++
■日時 8月27日(日)10:30〜19:00
■場所 いわて銀河プラザ(歌舞伎座の向かい側)
http://www.pref.iwate.jp/~hp0401/
■出店内容
・夏野菜
販売前日に収穫したものを現地午後発のクール便で直送!
種類は、キャベツ、トマト、きゅうり、ピーマン、ほうれん草、なす、とうもろこし、にんじん、じゃがいも、ネギ、いんげん、ミョウガ、枝豆、にんにく…

東京のスーパーで売っている、形にはまって生気が感じられない野菜ではなく、岩手の産直で売っているそのままの姿でお届けします。味だけではなく価格もきっとご満足頂けると思います。

・岩手のお菓子
 -昔懐かしいおばあちゃんの味・がんづき
 -盛岡では有名なコーヒー屋さんのシフォンケーキ等々

そして、
・福田パン!
+++++++++++++++++++++++++

 福田パン、ミクシの予約で150個くらい売るそうで。すげえ。機屋さんも今頃一生懸命、額に汗しながらシフォンケーキを焼いていることでしょう。<ダイエットになったかも(笑)

 そうそう、関西人Oカメが作ってる雫石のミニコミ「tantan」創刊号は土曜日に刷り上がるそうですよ。250円。雫石のバーのママはすごいって。

 そんでもって、雑貨屋「hina」さんが明日移転オープン。広くなって開運橋方面に移動。おめでとうございま!今日は徹夜作業だろうか。。。
[PR]
# by kids_blog | 2006-08-24 21:55

あさひ「好感のありか」

b0061919_0333319.jpg 昨日あたりから、夕方はすっと良い風が吹くようになり、ほっと一安心。日暮れも早くなってきたような。。。さっそく長袖カーディガンなど買ってしまいました(笑)早く秋になれ〜。
 ある日ふと、コーヒーじゃなくて濃いいミルクティーが飲みたくなる。それが秋到来の合図。個人的に。

 さて、「ザ・藤森照信」の写真ってどうやって撮ってる〜?と書いたばっかりのところ、今日の朝日新聞に回答が載ってました!おお、シンクロしてる?

 「大判カメラの蛇腹を操作し、ピントの位置と幅を調整、風景を模型のように撮る手法」だそうだ。写真家は本城直季。写真集「small planet」が出てるらしい。<teboさん買ったのってこれ?
 本物の街がいやに可愛く撮れちゃう。いいね。

 記事の内容とは関係ないコメントでした(笑)
 絵の手法(線でとらえる)にしてもそうだけど、日本人ってのは記号化が得意。
 そういや3歳長女は、もうウインクしてる漫画みたいな絵を描いてる。8歳長男とくらべると、女の子の絵は記号化が早いので驚く。脳味噌の差なのか?おもしろいです。
[PR]
# by kids_blog | 2006-08-23 00:35

最近のことなど。

暑い。残暑きびしい盛岡。3日連続クーラーつけっぱなしで寝てしまいました。ああ早く早く、夕方になるとすううっと涼しい風が吹き抜ける盛岡になりますよーに。。。

 こんなの出ましたね。盛岡タイムスさんの写真ですが。
b0061919_21165498.jpg

天満宮の狛犬。「釜定」の宮さん作。企画は文化地層研究会。
実物はこまっちくてかわいい。一体3cmくらい?です。3200円。
(例によって岩手日報の記事は、写真に撮る前に資源ゴミに出されてしまった。。。)
買ってきて写真撮って遊ぼうかと思ったけど、ちょっと躊躇。うーん、石じゃないとちょっと雰囲気が違う。御影石で、ほんとにミニチュアにしてほしかったな。。。でも十分めんこいですけど。

 岩大のミイラ事件。わりとどーでもいいですね。

 Oカメの全国誌快進撃は続く。ハト笛おじさんや中村さんやら。仏像もどんな写真か期待。結局、どこに住んでても才覚があれば仕事ってできる。

 やーっとibookにくらしっくをインストールして使えるようにしたよ。<どーせ9.2だよ。けっ。お金貯めてG5とOTFとCSを揃えたいもんです。たいがーのばかばか。

 家の前が大草原になりつつある。タバコ栽培をしなくなったJT。美しい畑はもう見られない。かなし。

 「ザ・藤森照信」、おもしろい。写真が。ミニチュアの建物を接写したかのような。これってどうゆうレンズで撮ってるの?誰かおせーて。
 
 世界バスケ、いまいちマイナー。しかしPGの五十嵐君はジャニーズ系で可愛いねっ!!
180cmあるのに、ちびっこに見えた。しかしアンゴラに負けちゃってどうしよう。後がないよ。

 ミニコミ4号の取材もぼちぼちスタート。美味しい取材になりますよーに。
[PR]
# by kids_blog | 2006-08-20 21:19

いわにち「カフェバーで芝居」

b0061919_081465.jpg 連続投稿。御察知の方もいらっしゃるかと思いますが、お盆返上で元気に仕事中!でございます(笑)。あー、今年は海にもキャンプにも行ってねえよ〜。これがワーキング・プアのデススパイラルなのか。ぢっと手を見る。

 「盛岡絶賛系」のサワノさんにお声をかけていただき、芝居のチラシをデザインさせていただきまして。この度無事、楽日を迎えられたようです。いやめでたい。因みにチラシのカメラはOカメ。同期会に呼んでもさっぱり顔ださないOカメ。嫌われてるよーです(笑)<と言うと「そんなことないですよ〜」と言う、善人ぽいあの笑顔に騙されてはいけない!!<まあ、今回は「適任」と思ったので、そういうことヌキでお願いしたわけです。プロなのでっ。
 
 「卯の卵」という芝居、実際のカフェバーを舞台に、3人の役者が繰り広げる恋愛劇。本番は見に行けなかったけど、脚本はちゃんと読んだよ。
 わたくし、その昔、一度だけ芝居の音響マンをやったことがあるのですが、あれほどキンチョーしたことはありません。モデルとして青森モーターショーのランウェイで歩いた時もそんなにキンチョーしませんでした。<そんなこともあったのさ。。。田舎だからさー、人が足りなくて。
 ま、芝居はですね。一番やって楽しいのは「役者」、なんですよね。打ち上げでも一番楽しそうなのは役者の人々で、裏方は「反省会」に突入しちゃったりするので始末が悪い。

 懐かしいなー、20代の頃。
[PR]
# by kids_blog | 2006-08-16 00:15 | いわにち

あさひ全面広告「日本のみなさまへ」

b0061919_10113027.jpg 今日は終戦記念日。朝日誌面に一番チカラが入る日。
 
 クリント・イーストウッドの次回作、「硫黄島2部作」の全面広告です。太平洋戦争の最後、硫黄島決戦を日米双方から描くという意欲作。期待大。
 ちょうど先日のNスペで「硫黄島」をやってたのですが、いやだねもう、この季節は戦争ばっかりで。<「純情きらり」でももうすぐ終戦になりそうだ。冬吾さんが好き!津軽弁はヘタだけど(笑)
 米国のおとうさんたちが主役なのは「父親たちの星条旗」原題「Flags of Our Fathers」。日本のおとうさんたちが主役なのが「硫黄島からの手紙」原題「Letter from Iwo Jima」。
 そうそう、イッセーさん主役の「太陽」も見たいな。

 一時期、ちょっと興味があって戦後史を調べてたんですけどね。「一億火の玉」だった日本人がね、終戦したとたんにどーしてアメリカからチョコもらったりできたんだろう?とか、オシャレな大正モガモボ文化を享受してた人たちはどーなった?とか素朴な疑問から始まったのですが(戦前ジャズが好きだったもので)、まああれです、そこらへんはそれなりの書物なりなんなりを読んでいただければわかるのでここでは書きませんが。

 私が一番「あー、戦争だったんだ」と思うのは、銀座・和光前に立つ時かなあ。
 あそこは、占領中にPXだったのです。東京はGHQ第8軍が支配していました。建物はそのままに。周りはかわっても、そこだけ当時の写真のまま。大空襲もカンカン娘もみーんなオキュパイト・ジャパンの夢のあと。

 関係ないですが、NHK「思い出のメロディー」に出てくる曲が、ほとんど歌えてちょっとショックでした。。。(笑)「赤色エレジー」あがた森魚をみたのは何年ぶりだろー。歌ったさ!「幸子のさ〜ちは どーこにぃ あるうぅ〜」
[PR]
# by kids_blog | 2006-08-15 10:15 | あさひ

あさひ「謎のうなバウアー」

b0061919_9472062.jpg 養殖ウナギ、なぜかその1割の背骨が曲がっているという。かくっと。
 品質に問題はないが、見た目が悪いのと、さばきにくいので売れないんだって。天然物にくらべて急激に大きくなるので、その過程でなんか問題がおこるんじゃないかって。

 私は30代女子としては平均よりちょっと身長高めなのですが、中学の頃を思い出した。あのねー、寝てるときに「メキメキっ」と音がするんですよー。骨の伸びに
筋肉や皮膚が引っ張られるのねー。成長痛ってのもあるらしいけど、けっこうイタイのよねー、これ。

 うなぎもそうなんだろーか。。。
 しかし、この見出しセンス。「アエラ」に通じる朝日体質を見る思いです。
[PR]
# by kids_blog | 2006-08-15 09:53 | あさひ

雫石。

b0061919_952227.jpg

 昨夜食った馬刺のせいで、口の中がニンニク臭くてたまりません。うう。。。

 続きです。二日酔いなのでちょっとアレな文章かもしれませんが。
 週末は「ライブ雫石」に行ったよ。雫石商店街の軽トラ市も拝見。
 しかし、暑い。息子の友人がお泊まりしていたので、ぐりも連れての総勢6人。現地では堀内孝雄似の「畑男」隊長と、teardropstoneさんと落ち合い、まずは機屋さんのアイスコーヒーを飲む。そぞろ歩くも「焼き肉の気持ちがよくわかる」、という泣ける天気。あれはフリマの人々は大変であったろう。暑い中お疲れさまでしたー。手ぬぐいアート、出品できず、不甲斐ない自分がちょっとイヤになる。ばかばか。

b0061919_9523926.jpg

 その後、さて帰ろうと思ったのだが「御所湖ファミリーランドに行こう」と夫が言うもんだから、しぶしぶつき合う。7歳男児二人はパンツ一丁になって水と戯れるのであった。。。若いね君たち。おばちゃんは日影でぐりとダウンだよ。

 ぐりの息づかいは暑さバロメーター。今日は曇ってるので、少し涼しい盛岡でした。あー、おかあちゃんは秋が大好きだよ〜早く革ジャン着てバイク乗りたいよ〜。
[PR]
# by kids_blog | 2006-08-10 10:05

青森。

b0061919_1483182.jpg

熱い。1月生まれの私は、夏、大っきらい。ここ1週間の暑さでもうおなかいっぱい。

最近の話をだらだら書きます。

とりあえず、青森に行って来たよ。
青森県立美術館AtoZの旅。ねぶたも見たかったけど、宿がとれなかったので駆け足で。くすん。

 青森県立美術館は三内丸山遺跡の隣。木村知事がぶちあげた「なんとか構想」の一環だ。シャガールの「アレコ」、でっかい。こんなでかいものを何億も出して買って、しかも飾るところがないからってずーっと押入にしまいっぱなしで、そりゃ怒るよ青森県民。というわけで、やっと日の目を見たわけです。この建物は遺跡からインスパイアされた設計で、地下2階が入り口になってる。床や壁も土中をイメージさせる材質だ。ちょっと縄文建築のにおいがするけど、さにあらず。建物は真っ白。白、いいねえ。汚れそうだけどねえ(笑)
 常設展もおもしろい。ウルトラマンの成田の原画もあるよ。巧いっけよ。一番うれしかったのは今和次郎の直筆画だ。農家の間取りやスケッチノート。ショップやカフェもおしゃれ〜だ。岩手県美、負けてますどうしよう。
 
 そんでもって弘前にまわって、奈良美智のAtoZ。会場は古い煉瓦の倉庫。街中のあちこちに黄緑の看板が立ってる。協賛店(期間限定のお菓子なんかを市内の各お菓子やさんが作ってたりする)がたくさんあるんですね。街をあげてのお祭りって感じ。いいねえ。街づくり系の人々は大喜びであろう、なんせ「ねぷたコンテスト」もあるんだから。<奈良犬のネプタはかわいい。奈良直筆の表彰状もありました。
 これが都市と人を繋ぐインターフェースとデザインワーク、ってか(笑)。いいのよ〜お祭りで〜。津軽人はそういうノリだっきゃ。南部人のええかっこしい体質は嫌いだよあたしゃ。
b0061919_1485769.jpg

 なもんだから、ほーら、犬にだって乗っちゃうもんね(笑)大人だって乗りたいんだ
もん。いいべ!

b0061919_16192041.jpg
奈良犬、ぐりに似てる。お土産は「AtoZ純米酒」(パッケージが家になってて可愛い!)や貯金箱。

 展覧会自体は、千円でこれだけ見れて幸せ!という内容でした。特に2階は良い。ネタバレになるとまずいから多くは書きません。会期は長いので、各自見に行くべし。ただし、暑い。秋になってからが良いでしょう〜。ららら〜。 
 会場はさすがgraf!造作に一分のスキも無し!トイレが外の仮設っぽい建物だったので、一瞬ひるんだのですが、ぜんぜん!コンパネベニヤで組んだ小屋なのに、さすが!のできばえで恐れ入りました。

ミクシに入ってる方は、izumiさんのフォトアルバムをご参照ください。奈良ねぷたなど写真多数。街の雰囲気もわかるかと。

続く!!!
※頭が暑さで少々いい加減になっております。
[PR]
# by kids_blog | 2006-08-07 14:19

いわにち「さんさのあとは」

b0061919_942127.jpg なんだよ、今日で7月も終わりじゃん。

 というわけで、今年の夏もあと2週間ほどとなってまいりました。お盆が終わると、盛岡はもう秋。定説です。<久々このフレーズ(笑)<まだ使ってるし(爆)
 青森なんかもっと早くて、ねぶたが終わると秋風が吹きます。ほんとです。

 明日から「盛岡さんさ踊り」が始まりますね。yaccoさまの筆文字もりりしく掲載されております。天気が心配。私も撮影隊でうろうろしておりますので、見かけても声はかけずにそっとしておいてやってください。。。
 
 で、ちょっと好きかも、と思ったのが、全五段の広告。
 「さんさの後は、マースへゴー!」
 
 「マース」ってのは、でっかい銭湯です。夕方に行くと水商売の人率が高いです。うちもたまーに行くけど。
 なんかギャグとしていいかもと思いました。どーすか?
[PR]
# by kids_blog | 2006-07-31 09:48 | いわにち

名前。

b0061919_0211921.jpg名前をつけてやる 残りの夜が来て
むき出しのでっぱり ごまかせない夜が来て
名前をつけてやる 本気で考えちゃった
誰よりも立派で 誰よりもバカみたいな

スピッツの「名前をつけてやる」を聞きながら、「名前」というものを考える。

名前は祈りです。

とは、清原なつのの漫画のネームだ。(「銀色のシルバーバック」。ゴリラと人間のロマンス?ものですね)
人は名付けるものに、祈りや願いを込める。

 そうやってわたしたちは名前をつけるようになった。
 わたしたちは自分の名前をつけてもらいたいと思う相手に「わたしに名前をつけて下さい」という。
 それがわたしたちの求愛の方法だ。
 わたしは何度も名前を持ったり、喪くしたりした。S・B(ソング・ブック)に会うまで、ずっと長い間、名前なしですごして来た。
 何度も名前をかえているうちに、わたしたちはだんだん慎重になってゆく。


高橋源一郎の「さようなら、ギャングたち」では、恋人達がお互いに名前をつけあう。男は女に「中島みゆきソングブック」と名付ける。女は男に「さようならギャングたち」と名付ける。

名付けるとは「所有する」、ということなのだ。

萩尾望都の「残酷な神が支配する」をふと思い出して、やーーっとこの物語が「親という存在の呪縛から逃げられない子の物語」なのだということに気付く。それは誰にでも平等に、永遠に続くのだ。

名前を自分で自分につけたらどうだろう?ちょっと悲しい?
記号ではなく暗号として。誰にもわからないように。

ざーっと考察メモ。
[PR]
# by kids_blog | 2006-07-31 00:24

「1歳から100歳の夢」。

b0061919_2350797.jpg
 久々に立ち読みしてて落涙した本。

 1歳から100歳の老若男女が自分の夢を語る。本人のポートレートと文章で淡々と構成された本です。
 コレ読んで思うのは、人間的に魅力的なのって小学生までか、60歳過ぎ。それ以外の世代ってのはハズカシイなーというか、力んでるというか、かっこわるいというか。あー60過ぎて、楽になりたい、いろんな意味で。長谷川町子の「いじわるばあさん」みたいになって、コワイもんナシになりたいもんですにゃ。

 などと。

 しかしこの「いろは出版」、あいだみつをちっくな詩集とかポストカードを出してたりするので油断も隙も無い(笑)。つい黒い気持ちに。紙一重ってゆーか。要注意であります。にんじんだもの(笑)。
[PR]
# by kids_blog | 2006-07-18 23:56

あさひ「ひと〜伊原昭さん」

b0061919_9194740.jpg うわ上品なおばあちゃん。白髪に鴇色のスーツ、白いシャツに白い珊瑚(?)のネックレス。

 と、目に付いた「ひと」の欄です。「半世紀かけ日本文学色彩用語集成をまとめた研究者」。88才。万葉集から浮世風呂まで、文学にあらわれた色の表現を、単語カードに書き写し分類した。
 は〜、だからかように、ご自分に合った色あわせが上手なんでございますね。
 「一番好きな色はやはり白です。万葉集には色の詠み込まれた歌が717あり、うち292が白なんです」とのこと。

 映画「イースターパレード」を思い出しました。あのオープニングシークエンスで、アステアおじさんが帽子を買いに行くんですけど、そこでもいろんな色の帽子が出てきて、でも最後に「白に勝る色は無い」という歌詞が出てくる。そーなんだよ、色が無いようでいて一番強い色なんだよ。うんうん。

 前にも書いたけど、私も白が大好きだ。
[PR]
# by kids_blog | 2006-07-16 09:22 | あさひ

アベレージ90。

b0061919_15513162.jpg ゆーささんが事務所御来訪。御祝いに黒糖焼酎「龍宮」をいただく。すみませんわざわざどーも。「商売繁盛」の文字に柏手を打ってお祈り(笑)。

 その後会計士さんもご来訪(青色申告にするよ〜ついに。でもhinaさんのように自力ではなく、人頼み、という。弱気)。今年度半期の売り上げを見て、ますます祈願する(笑)。

 夕方からビールで景気づけをして、いざボーリングへ出かける。前はもうちょっと、120くらい行けたんですけどね〜、今回は90くらいだったよ。。。2ゲーム目でもう握力無いんでやんの。だめだ〜、運動しないと!!と思うことしきり。優勝は「念力使い」ライターNさまでございました。くそう。

 その後、八幡へくりだし、「もんじゃ」。宮野さんのお店へ移って、日本酒。<K社Oさん、大丈夫でした?

 連休中もだらだら仕事しております〜。
[PR]
# by kids_blog | 2006-07-15 17:32

頭突き。

b0061919_15232540.jpgああ、ジダンよ。。。ジダン自爆。て感じ。

蒸し暑いですね。だらだらと仕事してます。

そうだ、昨日は小岩井で犬のアジリティー大会を見てきたよ。ぐりはお友達と会って楽しそうだったよ。ボルゾイのパティとカンガルーのボクシングみたいにじゃれてたよ。なんか疲れてたので私はぼーっとしてました。ココロが疲れております。早くも夏ばてか?

今日は新聞が休みだ。なんか寂しい。
[PR]
# by kids_blog | 2006-07-10 15:28 | 生きもの(犬とか)

ごちそうさまなど。

 打ち合わせしてたら、青山四丁目さんがご夫婦で事務所来訪。噂の「松尾餅店」の豆餅と草餅をごちそうになる。すみません、喰いたい喰いたい言って(笑)

 しまった、写真撮るのすっかり忘れてた。。。豆餅、あっさりしてるのに豆が美味しくて、草餅も餡が甘さ控えめで何個でも食えそう。結局その日のうちにぺろりと喰ってしまいました。ごちそうさまでした。

 今月はだらだらと忙しいので、ブログもだらだらしております。。。あー、バカンスが欲しいっ!
[PR]
# by kids_blog | 2006-07-06 22:30

いわにち 潮流「地元ならでは、盛岡の雑誌」

b0061919_21591443.jpg 夕刊、「声」の欄の下です。記者の方のリレーコラム欄。
 なんとミニコミ3号を買ってくださったそうで、岩大OBの方なんですね、この方。

盛岡生活の中でに該当者の限られる、いわば共通の極私的体験に裏打ちされた内容。地元編集ならではの特集だ。」実は編集室内に岩大OGは1人もいない。ましてや私なんか高卒です。想像力と好奇心だけでやってます(笑)。

「知る人ぞ知る」部分だけを切り取った雑誌となると、まずマーケット的に難しかったろう。」おっしゃるとおりです(笑)マスが小さい街ですけん。
 そういえば、さわや書店のI店長は「内輪受けだよね」とおっしゃってたのですが、岩手に限れば確かにそうです。それもある意味正しい。でも私が描きたかったのは巻頭コピーにもある通り、誰にでもある共通項、「セイシュン」なのです。「岩大」というレンズを通して、それぞれの土地で、それぞれの友人に出会い、また別れる、社会に出るまでの執行猶予期間。その香りをちょっとでも感じてもらえればオッケーなのです。<弱いか?(笑)
 岩大に詳しい人にすれば「もっとおもしろい話しがあるはずだ」と思うかもしれないけどね。

 次号、食べ物です。増ページしたいなあ。そのためにも、この記事で少し売り上げアップするといいなっ(笑)
[PR]
# by kids_blog | 2006-07-01 21:59 | いわにち

全五段広告「STORY」

b0061919_21323815.jpg む。このワンピース、なんか見たことある。。。と思ってひっくり返してみたら、やっぱり!!!!
 6/28の「NIKITA」と同じじゃん!あーらら〜〜。

 しかし、着る人と売り方が違うと、こうもイメージ違ってくるという、わかりやすいお手本ですね(笑)相変わらず濃いニキータですが、艶女=アデージョの次はガラージョですよ。

「柄美女」とかいて「ガラージョ」。う〜ん、キテますあいかわらず。「アデオスのハートをグワシ掴み」。。。グワシ。。。。。。。ターゲット年齢層が見える。
 書店でぜひ表紙を見比べてください。後発の「STORY」編集部ではきっと「やだ〜、NIKITAとかぶっちゃったよ〜!」と青くなってるはず。「夏こそ私は品ある女」というコピーが台無しじゃん!(笑)
[PR]
# by kids_blog | 2006-06-30 21:35 | あさひ

銀座で写真展。

b0061919_9354450.jpg ミニコミや仕事でいつもお世話になってるOカメからご案内をいただいたのだった。<おめでとうございま!いつも安い仕事ばかりですみません。。。(汗)せめてこの場で宣伝して恩返し。

 フォトドキュメンタリー「NIPPON」というコンペ。3年目の今年でファイナルとなり、1冊の写真集にまとまるようです。Oカメは今年の5名として選出され、7/3〜7/8に銀座の「ガーディアン・ガーデン」で展覧会が開催されます。東京在住の方はぜひ足をお運び下さい。本人も上京するそうなので、会場で話しもしてみてください。詳しくはここ。<後日盛岡でも写真展やるそうですけど、会場に悩んでるよーでした。

 岩手移住をきっかけに日本の大多数を占める“地方”が気になり始めました。今、“地方=田舎”が大きく変わろうとしています。一番の変化は僕たちの心です。変わらないことを切に願いながらも変わりゆくことを狂おしいほどに欲する。茫々と広がる土地の前で変わりゆくことを決意し、歩き始めたのが「今」という時代なのだと感じています。だからこそ、他者に気付かされるのではなく、自らで何を失い、何を得ようとするのかを考えたい。そんな思いで地方の今=日常を見つめています。(ライナーノーツより)

 彼は雫石で。私は盛岡で。
 つまりはそういうことです。
[PR]
# by kids_blog | 2006-06-28 09:38

JAGDAをご存じでしょうか。

b0061919_019590.jpg JAGDAはJapan Graphic Designers Association inc.の略でして、社団法人 日本グラフィックデザイナー協会っちゅーもんがあるんですよ、実は。岩手地区にも支部がございまして、会員は東北で一番多い34人(現在)。一昨年から私も会員になっております。保険料対策。最近ではデザイナーだけじゃなくてコピーライターも会員になれるみたいです。
 で、この度そのwho's whoが出来ました。作品集ですね。kidsとしましては、何を載せたらいいかな〜と悩んだのですが、他の皆さんはばりっと格好いい感じだろーから、ここは一発可愛い路線で行ってみようかしらどーかしら、とチョイスしてみました。ミニコミもさりげなく(?)載せてみたりして(笑)。

 しかし、同期ってけっこう多いんだなー、などと。「新人類」でもなく「団塊ジュニア」でもない、ちょっと狭間の感じ。。。アニエスb.とか着てた世代ですよ(笑)。
(そういえば、次回の同期会はボーリング大会を予定しております!後で幹事@kidsよりメールいたしますんで〜)

 興味の有る方は。。。。うーん、普通では手に入らないだろうなー。どっかで見てください〜。
[PR]
# by kids_blog | 2006-06-27 00:22

いわにち「ばん馬疾走 迫力満点」

 b0061919_955085.jpg 日曜は、遠野の「東北馬力大会」を見に行った。初めて見たのは山形の舟形町だったかな。ばんえい馬、好きです。サラ系の美しさもいいのですが、ばん馬は圧倒的存在感と物理的重量感がたまりません。ラオウが乗る馬!て感じ(笑)。
 
 見所は坂道を登るところ。1トン近い荷を引いてるので、一気には駆け上がれない。そこを人間が励ましながら、馬も体制を整えながら、よいこらしょ!と登っていく。見ているこっちも「それー!」とつい気合いが入ります。息子の運動会よりも(笑)
 
 しかし暑かった。シャワーを浴びたら腕がちょっとヒリヒリしました。バイクにも乗るし今年は日焼けしそうだ〜。
[PR]
# by kids_blog | 2006-06-26 09:56 | いわにち