<   2006年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

あさひ「魅力的な男性陣・輝く「普通の人生」」

b0061919_9403052.jpg 来週で最終回の「純情きらり」。みなさま、ご覧になっていらっしゃいますか?
 再三書いておりますが、わたくし、朝ドラを通して見続けてるのは。。。そうだなー。。。「ロマンス」か「ふたりっこ」以来、ではないかと思われます。

 先週の赤い「be」で読みましたが、原作「火の山〜山猿記」の津島祐子さんは太宰治の娘(太宰の本名は津島。美知子夫人のエピソードがおもしろい記事でした)。なーるほど、だから冬吾さんに萌えるわけだわ〜。太宰や芥川のルックスに惚れた文系女子なもんで。斉藤先生といい、やはり日本男児には着物着用を義務づけるべきでは!?とさえ思った次第です。いいわ〜。

 「きらり」の魅力は「ぶれる主人公」だったんだーそうかそうかも。とこの記事読んで思った。
 朝ドラって、たいてい「一途で前向きな女子が失敗もあるけど、それでも私は元気です。」というパターンなのですが、桜子ちゃんは音楽をとらずに主婦の道を選ぶ。脚本家は「何かを成しとげた女ではなく、何もなさずに一生を終える女の”人生そのものの輝き”を描きたかった」と語っている。戦後の時代背景にもかぶって、共感する熟年層多数なんだろうな。。。

 ピンクの着物がかわいかった、今日の桜子。おもわせぶりな「引き」は無くてもいいんだけどなー。などと。
[PR]
by kids_blog | 2006-09-21 09:42 | あさひ

あさひ「誌面にこだわり地域雑誌が人気」

b0061919_9211010.jpg ミニコミ。例によっていつものポーズの関西人OカメとSさん(笑) 
 うちのミニコミも取材していただきまして、朝日の記者さんとお話しさせていただきました。掲載日教えてくれるって言ってたんだけどなー。。。。連絡無し。ま、マスコミなんてそんなもん。
 昨日は読売さんからも取材していただきまして、つい盛り上がって長話となってしまいました。そちらもどんな記事になるのか楽しみです。

 しかし、新聞社によって記者さんの感じも違うもんだなー、などと。「社」ではなく「人」の違いなのかもしれないけど。おもしろいです。
[PR]
by kids_blog | 2006-09-21 09:21 | あさひ

弘前とか。

b0061919_1141611.jpg
ああ、なんかあっという間に9月も半ばじゃあないですか。

新聞ネタも書きたいのあったんだけどなー。
まずはやっぱあれね。「宮崎あおい、次回大河の主役」ですかね。「篤姫」だって。「純情きらり」が高視聴率だからでしょうか。いやー、大竹しのぶの再来、って感じしますね、あの子は。たぬき顔なのも気になりません。どう「大人」になっていくのか、安達由実のようにはならないで欲しいものです。

 しかし、「純情きらり」は桜子の他には笛子ねえちゃんくらいしか上手い役者がいなくて、見ててはがゆい。桜子ちゃんは涙がぽろりと美しいし、純真な役が嫌みじゃないというか。そうそう、達彦さん役の子のじいちゃんは岩手町出身だ、って記事もあったな。。。それにしても井川遙!おい!とか。つっこみながら見てしまう。やっと物語も戦後になって、これからどーなるのか。やはり達彦さんとくっついてめでたし、なのかNHKとしては。冬吾さんとくっつくのは無いだろーなあ。。。

 そんでもって、紀子さま男子出産ですよ。いや絶対男の子!とは思ってたけどさ、あのひとのことだから抜け目無く。いやー、橋本治の寄稿がちょっとおもしろかったかな。

 さておき、弘前にインスタレーションを見に行ってきたさ。写真参照。
 かれこれ15年ほど前、私が仙台で個展をしたときは、壁にファクスの感熱用紙をはりめぐらし、アイロンで絵を描いて、最終日にみんなでやぶる、というのをやった事があるですが、今回の相馬さん&やっこ様のはギャラリーの壁に直に写真を焼き、書を書いちゃった、というもの。一発勝負ですからね。おもしろいよね。緊張感があって。高速バスでのんびりと、楽しゅうございました〜。

 ああ、今週からまた怒濤の日々だわ。。。ミニコミ取材、アポとったりスケジュール調整したりが面倒で大変。。。エディターって大変だ〜。
[PR]
by kids_blog | 2006-09-14 01:17

イベントいろいろ。

 残暑厳しいですが、夜にうっかり窓を閉めずに寝てしまうせいか、最近は悪夢ばっかり見てます。寒いからだ。秋ですね、いいですね。

 秋晴れの中、土曜は例によって「材木町よ市」へ、日曜は温泉入って「松ぼっくり」でアイス。両方で機屋さんのコーヒーを飲む(笑)<だって居るんだもん。商売繁盛。

 9月からはイベントが様々ございますね。
 まずは9/17.18のCRAFT市。小岩井農場のどんぐりコロコロにて。全国各地からクラフトマンが集合しまして、器やら工芸品やらを森の中のテントで売る、というお祭り。晴れるとサイコーなんですよねー。気持ちいいっすよ。散財しちゃって困るんですけど(笑)

 そんでもって、9/29〜10/1は岩手山麓工房まつり。もう10回目なんですね。こちらは岩手山登山口・馬返しキャンプ場にて。岩手山を眺めながら、クラフト三昧。こちらも晴れればサイコーです。食べ物の出店も出るのですが、マイ箸&マイカップ持参でね。

 さらにミニコミ3号で取材させていただいた、岩手大学工学部のロボコン。以下、小山先生の書き込みより抜粋です。申し込みはお早めに!うちの息子は、「・・・一緒に出る友達がいないもん(暗い)」とのことで今年は出ないようです(笑)娘が一年生になったらペアで出場させるかな〜。

●第4回岩手大学ロボコン
日時:10月29日(日) 13〜16時
会場:岩手大学工学部(盛岡市上田4-3-5)
参加費:無料
●ロボット製作教室
日時:10月21日(土)・22日(日),13〜16時
会場:岩手大学工学部12番教室(盛岡市上田4-3-5)
●募集要項
募集人数:2名1組として,16組
応募資格:岩手県内に在住もしくは通学している小学生で,保護者の同意が得られ,ロボット製作教室およびロボコン当日,確実に参加できる方
応募方法:往復はがきに,代表者の郵便番号と住所,以下ペア2人分の電話番号,氏名(ふりがな),学校名,学年,10月21日時点の年齢(保険に加入するため)を記入して,以下のあて先までご応募下さい
〒020-8551 盛岡市上田4-3-5
岩手大学工学部福祉システム工学科
「第4回岩手大学ロボットコンテスト」係
締め切り:9月30日(土) 先着順,当日消印有効 (少々遅くても受付けます)
当選者には10月上旬に案内を送付致します.応募者多数の場合,小学校や学年の偏りを調整することがあります.
※ 応募時の個人情報は当落返信,保険加入と運営上必要なリスト作成のために使用し,それ以外には使用しません.

http://www.wel.iwate-u.ac.jp/fukushi/staff/koyama/koyama.html
 
[PR]
by kids_blog | 2006-09-05 11:32

あさひ「スカンジナビア号、沈没」

b0061919_1156640.jpg あらまー、沈んじゃった。。。
 スカンジナビア号は、スウェーデン製の豪華客船で、現役引退後は静岡で「海に浮かぶホテル」として30年以上親しまれてきた船。真っ白でね、さながらタイタニック号のようなゴージャスな内装。アールデコだったなー。優雅で素敵だったのよ〜。甲板からは富士山がどーんと見えてさあ。

 ・・・なんで知ってるかというと、妹がそこで働いていたからである。そんでもって彼女の結婚式もそこでやったのであった。その後妹は結婚退職したので今は余所で働いているのだが、当時から「ボロいよー」と言ってた。まさか沈没するほどボロいとは。改修工事のため上海に向かう途中だったという。合掌。

 挙式した場所が海の底って、なんかトホホですね(笑)<笑い事じゃないですね。妹に怒られちゃうわっ。
[PR]
by kids_blog | 2006-09-03 11:46 | あさひ