<   2006年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧

あさひ「惜別」〜高橋喜平さん

b0061919_1393366.jpg 雪研究家でエッセイストの高橋さんが亡くなったのは、今月1日でした。95歳。高橋克彦先生がエッセイでも書かれてましたが、克彦先生のおじさんにあたる方。あー、「血」なんだなー。。。なんて。
 88歳でヒマラヤ高地へアンモナイトを探しに、89歳で屋久島へ縄文杉の樹齢を確かめに。94歳で入院したときは「これで闘病記がかける」とおっしゃったとか。66年間で7万カットもの雪の写真を撮ったおじいちゃん。こんな豪雪の年に亡くなるなんて、雪に愛されてたんだねえ。。。合掌。

 しかしこの「惜別」ってコーナー。名文が多くて、いつも泣かされます。朝っぱらから泣いてると、子どもたちが不審な顔をするので困ります。
 ちなみに高橋さんの隣には「永谷園」の創業者・永谷嘉男さんが載ってるのですが、ずーっと自宅で新商品を模索しつづけ、「遺作」は04年発売の「ラーメンちゃんこ鍋の素」。。。うっ、泣ける。

 最近で印象に残ってるのは、女優・原ひさ子さんの「夕ご飯を食べて、その後眠るように息を引き取った。最後の言葉は『ごちそうさま』だった」という記事。

 「ごちそうさま」と言って幕を引く人生。うらやましい。
[PR]
by kids_blog | 2006-02-28 13:13 | あさひ

あさひ「勝負師の日常 公開中」

b0061919_12452513.jpg 将棋界でブログブーム、だそうで。写真は渡辺明竜王ですね。息子といっしょ。渡辺竜王のブログはアクセス1日1万件だそうです。すげえ。話題の瀬川四段もブログってるんですね(シャララ日記って。。。)。 
 「若手のブログが増えてるのは、危機感を持ってるから」、だそうでやっぱり将棋ってマイナーですから。。。棋士がどんな日常生活なのかって、確かに謎に包まれてます。昼間から酒飲んで和服着てる無頼派のイメージ。。。(笑)
 羽生くんのブログがあったら、確かに読んでみたいかも。
[PR]
by kids_blog | 2006-02-28 12:45 | あさひ

あさひ「ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!」

 b0061919_12314012.jpg 春休み公開です!待ってました〜、ウォレスとグルミットの新作!!
 アカデミー賞長編アニメーション作品賞ノミネート、アニー賞全10部門制覇という快挙を成し遂げたアードマンのクレイアニメ。今回、クレジットみたら「ドリームワークスアニメーション」も協同提供になってた。アカデミー賞は「ハウル」かこっちか。う〜ん。。。
 ハウルは見そこねたけど、これはぜったいぜったい見に行きます!!前作のペンギンとか羊とか、たまらなく萌えるデザインだったのですが、今回はうさぎ。「うさぎ吸引マシーン」だって。をを〜!
 息子連れて行こうかな〜。3/18ロードショー。盛岡では中劇です。
[PR]
by kids_blog | 2006-02-28 12:35 | あさひ

いわにち「日本酒離れ 老舗を直撃」〜岩手川倒産

b0061919_12211665.jpg わー。びっくり。「心の酒 岩手川」が倒産。。。ついに。創業明治5年、負債総額12億円超。「倒産」ですよ。再建しないで破産しちゃった。もう二度と酒の仕込みは行われない。寂しいですね。まあ、私は飲まないけどね、岩手川(笑)。美味いと思ったことがないもんなあ。。。そこらへんに原因があるんでは?

 「岩手川」というブランドをどう残すのか。どこかの蔵本に名前だけ引き継いでもらうとか?いやいや〜、それじゃ意味ないでしょう〜。あのCMソングだけは残したいものだが。「赤城の子守歌」にも似た、岩手県民の心にしみる名曲でした。。。
 気になるのは仙北町の工場がどうなるかですね。あの建物を壊すのは惜しい。
[PR]
by kids_blog | 2006-02-28 12:23 | いわにち

いわにち「両磐地方の食文化発信」

b0061919_22524377.jpg 「ガイドブック刊行へ」って。あんた。

 ありゃ〜。。。今朝新聞見て目を疑ってしまいました。この冊子、私がデザイン担当してるんですけどね。まだ発行前なのに〜いいのーリークしちゃって。と思ったら、協賛金集めの宣伝なんでした。しかしこの募集、締切が27日なのに、26日の朝刊に載ってもなあ。。。なんだかなあ。。。でした。
 しかし、「ガイドブック」ってちょっと違うような。。。実際は、いわてNPOセンターさんが発行元の「旅の雑誌」って感じ。冬に動かなきゃいけなかったので、室内で撮影できるものに絞って内容は「食」です。両磐といえば「はっと」&「餅」。
 それこそ「リンカラン」「天然生活」って感じっすよ、モロ。ミニコミスタッフでそのまんま作ってるので、うちのミニコミに激似です。だって「あんな感じに」って言われたんだもん。実はそういう依頼がけっこうあって、複雑な心境のまち編スタッフ。

 そりゃあ似たようなのはつくれますよ。なんぼでも。
 でも「てくり」はてくりだからあんな感じがベストなのであって、他の場所でもああいうものを、ってのは違うんじゃないかと。わかってないなーと。
 あ、陰口じゃないっすよ。日頃からどうどうと公言してますからわたし(笑)

 発行は3月15日予定なんですが、なんと未だにタイトルが決まっていない恐ろしい状況。そんでも私はアートディレクター&編集として、なすべき事をしてるつもりです。まずはお楽しみに。
[PR]
by kids_blog | 2006-02-26 22:57 | いわにち

いわにち「大輪イナバウアー」

b0061919_22292853.jpg フィギュアのエキシビション、子どもたちが泣きわめくのもほっといて最後まで意地で見る。
 いやー、荒川静香。「まってましたああっ!」と大向こうから声かけたくなるよなイナバウアーでしたね。やっぱポジションがいちいちキレイだな〜。ビールマンもね、回転が終わるときの足の降ろし方が丁寧だし、ジャンプは着氷時の姿勢の良さが印象的。もうプロに転向しちゃうのかなあ。残念。
 プルシェンコの人気はすごいね。フリーでは4回転3回転2回転をいきなり決めて、その後もほぼノーミス。さらーっとしててすげえ。エキシではただすべってるだけなのに拍手が沸いてた。カリスマ性のあるスケーターですね。
 そんでもって、すぐりん。。。謎の演技。さすが。。。あの客席になげたものは何だったのか。。。暗くて見えませんから!!残念!!<何処へ消えた。。。ギター侍
[PR]
by kids_blog | 2006-02-25 22:32 | いわにち

育児支援施設、追加情報。

 え〜、今日の岩手日報によりますと、地下から2階はスーパーになりそうですね。4階に「つどいの広場」。えー、てことは、狭いのかな〜、この「広場」は。手つなぎ鬼ができるくらいひろ〜いのがいいなあ。他のテナントはまだ検討中だとか。6月オープンが目標らしい。子ども関係の本屋とか洋服屋とかいいんじゃない。盛岡版「クレヨンハウス」にしてくれ!ついでにデザイン関係は当社によろしく!(笑)
[PR]
by kids_blog | 2006-02-24 23:37

元気の源。

 いやー、今日はいろいろ嬉しいことがあってうれしい(笑)まだここに書けないことですが、人に誉められるってのはやっぱり嬉しいです。

 パワーをもらえる人に会うのもとても重要だ。<Yちゃん、ありがとう〜がんばるよう〜!
 さらに、打ち合わせの谷間が1時間あったので、化粧品を買うついでにプロのお姉さんにメイクしてもらった。老婆も化粧してもらうとボケが直ると言うじゃありませんか。あら不思議、なんか元気に!!びっくり!

 突然ですが、フレッド・アステアというダンサーをご存じですか?
 白人タップダンスの神様なのですが、高校時代は彼が私の「元気の素」でした。毎晩のびるほどビデオで繰り返し彼のダンスを見たものです。
 未見の方は、この動画サイトをごらんください。反重力ステッキ!あまりにも有名なシークエンスです。

 見ましたか?最後まで?
 では見所をご説明いたしましょう。
 最後の方で9人の自分自身と一緒に踊るのですが、あれは鏡に映ったものではありません。アステアが9回同じダンスを踊った映像をそれぞれ投影しているものです。よく見るとすこしずれてるのですが、タイミングといい角度といい、寸分たがわない踊り。いかに彼が完璧をめざして練習し、そのダンスの完成型にたどりつき、それを何度でも繰り返すことができたのか。ものすごいことだとおわかりいただけるでしょうか。少しでもダンスをしたことがある人間ならわかるはず。
[PR]
by kids_blog | 2006-02-24 23:24

いわにち「猊鼻渓の美 米映画に」〜映画ロケ地と容積率の話。

b0061919_2201712.jpg 猊鼻渓で米映画「SILK」という映画のロケが行われたそうな。引き続き酒田市や松本市でもロケするんだと。この映画、無菌のお蚕さまの卵を探しにやってきたフランス人と日本娘のロマンス、らしい。<「らしい」ばっかりですまん。
 猊鼻渓は舟下りのシーンを撮ったそうだが、その他のシーンでロケ地になぜ近場の盛岡市が選ばれなかったのか?同じ城下町で、酒田や松本といったい何が違うのでしょうか?。。。という事をふまえて。

 町内会の回覧板が回ってきた。三高から三馬橋までの通りが、2種中高層区域になるけど、住民の方の意見は?というお知らせだった。さらに、今朝のダイワのマンションチラシ。二高の近所、上の橋近くに13階建てが建つらしい。
 一種低層じゃなかったの?あのへん。

 建坪率と容積率。家を建てるまで興味なかったが、そういうひっそりとした「変更」が大きく街並みを変えていくのだ。みんな気づいてる?
 材木町のある地主の方が、「中心地の容積率をあげれば、空洞化も解消するし商店街も活性化するのに」と言ってたのを聞いたことがある。とあるワークショップでのこと。でもそれで?みんなマンションにしちゃえばいいの?

 古い建物を残すのは、実際住んでる方にとってみれば大変なことだ。税金の問題も大きいよね。わかっちゃいるんですけどね。。。マンションだって悪くはないよ。雪かきしなくてもいいしね(笑)確かに小学生が中心地に戻ってきているようではあるし。「コンパクトシティ」という構想にはお似合いの建物ですとも。

 でもね。
 やっぱり「経済」だけで切り捨てちゃいかんものが、世の中にはあると思う。
[PR]
by kids_blog | 2006-02-24 09:32 | いわにち

ニューエストモデルとか。

 懐かしいCDを引っ張り出して仕事を乗り切る作戦遂行中。つらいのも我慢できる。少しは。
 いやー、ニューエストモデル!いいね!メジャー1stアルバム「ソウルサバイバー」、さいこー!パンクでソウルでのりのり〜。大昔、テープを聴きながらドライブしたなあ。歌いながら。「こたつ内紛争」とか。若かったぜ懐かしいよ。

 ボ・ガンボスもメジャー1stが良いのよ〜。ファーストアルバムを乗り越えられるかどうかってけっこう大きな問題よねえ。
 先日、「宇宙サウンド」のビデオを引っ張り出して見てたら、夫が手拍子しながら背後から登場(わかる人にはわかる。「目が覚めた」の合いの手ですね)。だてに長いつきあいじゃあないな、と思った。そんな「うすのろ」生活です。
[PR]
by kids_blog | 2006-02-23 17:30