<   2004年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

暮らしの手帖

b0061919_1634230.jpg 忙しいのに、ついつい「すてきなあなたに」を読んで癒されてしまうのは私だけではないはず。今号は「あんじイズム」がさらに濃いくなってる気がする。「暮らし〜」は書き文字の見本帳みたいですよね。去年のアートディレクションはアリヤマデザインストアだったのですが、今年は木村裕治。同じ手書き文字でも、だいぶ雰囲気がちがうもんです。

b0061919_16334542.jpg 

さらに今回良かったのは、中に綴じ込みになってる「マイクの頭の中はどんなだろう」という企画。なんの説明もなくとーとつに綴じ込まれているのですが、紙の感じといい文字といい、いい感じ〜。リスペクト(便利な言葉)しよう。
 「紙媒体はもう終わりでしょう」とのたまう方がいらっしゃるようですが、「手触り」や「グッズ感」はwebやモニター上では味わえない感覚だと思うのですが。私はあくまで「紙」にこだわりたいと改めて思う。うむ。
[PR]
by kids_blog | 2004-11-26 16:41 | 読むもの聞くもの

焼き魚は皮が美味い。のに。

b0061919_10385114.jpg 我が家は悪評高いIHクッキングヒーターなのですが、魚もよく焼きます。焼き具合はまあ普通なのですが、なぜか皮がアミにくっついてしまうのが悩みでした。初めにアミを暖めてから魚をのせると大分ましなのですが、西京漬けなんて焼くとやっぱりくっついてしまう!!くそ〜。というわけで、電気屋にアミを注文。んん?なんか今までのと穴の形状が違う。改良型なのか?やはり苦情が多かったのか?これからはサンマの皮がくっつかないといいなあ。(左が新しいもの)
[PR]
by kids_blog | 2004-11-23 10:39 | 食べもの飲みもの

タブレットをだらだらと購入。

b0061919_1622675.jpg スカジーからUSBに移行したとき、なんとなくめんどくさくてタブレットを使わなくなってしまった(タブレットとは、ペンタイプの入力機器です。絵を描くとき便利)。買い直したり、ドライバいれたりなんだりするのって、やってしまえば簡単なんですが、なんとなく「なくてもまあ、いいか」というくらいのものなので。なので、しばらくマウスで線を引いていたんですけど、ここにきて数をこなすイラスト仕事がきたので、再導入。うーん、軽いタッチ。もっと早く買えばよかったなー。明日からばりばり描きまっせ〜。
[PR]
by kids_blog | 2004-11-21 16:23 | 着るものその他

材木町・よ市で買いだし。

b0061919_20141390.jpg 今日は天気が良かったので、動物公園を見た後、ばーちゃんも誘って材木町の「よ市」へ。けっこう混んでました。来週で市も終わりです。うちはだいたい、マルイチに車を置いてから光源社に向かって歩き、はしまで行ったら戻って機屋さんの出店でコーヒーを飲み、さらに夕顔瀬橋方面のはしまで行くコースです。帰りはマルイチで酒を買います。今日は、ボジョレー(赤・白)と広喜を購入。
 帰ってから、旦那が「イカのワタ入り味噌炒め」を作ったのですが、それに入れる南蛮を私が切ったところ、これが指に残っていたらしく、大根下ろしを作った指をなめたら、辛いのなんの!!!しし、舌がいだい。。。南蛮には要注意ですね。
 因みにこのボジョレーは当たりでした。30分で空けてしまった。
[PR]
by kids_blog | 2004-11-20 20:15 | 食べもの飲みもの

パンはガロパン。

b0061919_2051463.jpgパンは1000円分くらい買っておいて、冷凍しておくのですが、いつも上田通りの「ガロパン」で買ってます。盛岡で一番美味いパンや、といえば清水町の「ポア・ド・ヴァンセンヌ」だと思うのですが、毎日食べるにはちょっと高い。さらにうちからは遠いので、値段も手頃で行きやすいガロパンで買い始めて3年くらいになります。コーンパンかクルミパンを毎朝一つずつ、トーストするのですが、まだ飽きませんねー。写真のバゲットは、フレンチトーストにして食いました。
[PR]
by kids_blog | 2004-11-19 20:00 | 食べもの飲みもの

ベジャール、バレエ、リュミエール

b0061919_19571420.jpg仕事の打ち合わせの後、レディースデーなので映画に行く。<1000円也
モーリス・ベジャールの「リュミエール」という作品が創造される過程を、初演まで半年に渡って追ったドキュメンタリーです。先週みた「ダンスカンパニー」があまりにもつまらなかったので、こちらには期待大だったのですが、正解でした。もうね、ジョルジュ・ドンの若き日の映像を見つめるベジャールをみてるだけで、うるうるきちゃいます。「私に返して、人生を赤い花に変えた彼を」というシャンソンをバックに、惚けた顔でモニターを眺める老人。悲しすぎる。「光、鏡、映画、バラ」だったかなあ、ベジャールの走り書きが写るんですが(パンフ買い忘れました)、リュミエール=光は常に彼と共にあったのですね。。。もしかなうなら、ベジャールに聞いてみたい。「年をとるってどんな気持ちですか?」と。
[PR]
by kids_blog | 2004-11-18 02:13 | 読むもの聞くもの

残酷な神が支配する

b0061919_16383338.jpg つ、ついに買ってしまいました、萩尾望都の「残酷な神が支配する」。連載中から痛くて痛くて読んでいられんかった、このお話し。でも萩尾望都の作品の中で最長なんですよね。しかも「ポー」みたいに連作じゃなくて、長編。大長編。文庫版だと何巻になるんでしょうか。「トーマの心臓」や「メッシュ」のように、最後に救われるといいのですが。。。これから読みます。
[PR]
by kids_blog | 2004-11-16 16:38 | 読むもの聞くもの

林明子さんとネリー・マッカイ

b0061919_16451138.jpg 林明子さんの「とん ことり」を買う。「こんとあき」「びゅんびゅんごまがまわったら」と、ここのところ林さんを連続購入。うーん、やっぱり絵が上手いから。いわさきちひろが鉛筆なら、林さんはガッシュ(アクリルか?)。小さい女の子はもちろんかわいいのですが、注目すべきはおじさんやおばさん。ズボンのシワや肩の丸みなんかがとっても好き。
 CDはネリー・マッカイの「Get away from me」。雑誌のレヴューに「ドリス・デイとエミネムの融合」「ダブルアルバムでデビュー」とかあったので、ちょっと聞いてみようかなと。スインギーなジャズテイストあり、ラップありでサウンドは好きなタイプだけど、残念ながら歌がイマイチ下手(声質の問題かな)。エディ・リーダーが唄えばすごくはまると思うんだけど。。。
[PR]
by kids_blog | 2004-11-14 16:46 | 読むもの聞くもの

コーヒーは機屋さんの。

b0061919_1011565.jpgコーヒーが無くなったので買いに行く。最近はいつも「機屋」さんのです。雑誌「クウネル」にも店主の関さんが紹介されてました。大学時代からアパートにトン単位でコーヒー豆を持っていたという強者。ひそかに美味いワインの会も開かれているらしいです。お店のテーブル&椅子が岩泉純朴家具製で、とってもてざわわりが良く、行くたびについなぜまわしてしまう。材木町の「よ市」にも出店してらっしゃるのですが、今月でもう終わりです。冬がくるなあ。。。
[PR]
by kids_blog | 2004-11-12 10:32 | 食べもの飲みもの

男たち。

b0061919_16201026.jpg
「電車男」を購入&読破。まあ、2ちゃんに行って読んでも良かったのですが、眼が痛くなるので、本を買いました。正直言って、元ヲタのわたくしは泣けました。若いって、良いわね。。。まさに「キターーーーーー!!」状態。(写真は我が家に居る男たち。箱男とスルメ男は放浪の旅にでてしまった模様。)
[PR]
by kids_blog | 2004-11-11 16:20 | 読むもの聞くもの