カテゴリ:読むもの聞くもの( 72 )

吉村順三の言葉。

b0061919_11573624.jpg 今朝の「新日曜美術館」(NHK)は、建築家・吉村順三「質素にして品格あり」の再放送だった。生涯、「住宅」にこだわった建築家の代表作の今の姿が紹介され、そこに住む人々の声をたどる。

 吉村順三といえば、「森の中の家」。そして、人間の体から生まれた「尺」というモジュールにこだわる事。
 
 数年前、家を建てるぞ!と思い立ち、色々調べている中で、中村好文という建築家が作る家が大好きだった。質素だが美しく、考え抜かれたフォルムがさりげなく随所にあり、自然素材を主張するわけでもなく、奇をてらうわけでもなく街と人に馴染んでいる。うまいなあ、と思わず膝を叩く「職人芸」がそこにあった。特に台所ね。

 そして、中村氏の師であった吉村順三の作品を知ったのだが、以下は「建築は詩」という本から引用。

建築家として、もっとも、うれしいときは、建築ができ、そこへ人が入って、
そこでいい生活がおこなわれているのを見ることである。
日暮れどき、一軒の家の前を通ったとき、
家の中に明るい灯がついて、一家の楽しそうな生活が感ぜられるとしたら、
それが建築家にとっては、もっともうれしいときなのではあるまいか。
家をつくることによって、そこに新しい人生、
新しい充実した生活がいとなまれるということ、
商店ならば、新しい繁栄が期待される、そういったものを、
建築の上に芸術的に反映させるのが、私は設計の仕事だと思う。
つまり計算では出てこないような人間の生活とか、そこに住む人の心理というものを、
寸法によってあらわすのが、設計というものであって、
設計が、単なる製図ではないというのは、このことである


 デザインもそういう仕事でありたい、と思う。

※写真は中村好文の「住宅巡礼」。ライトの「落水荘」と吉村の「森の中の家」って、ほんと対照的。中村氏の最近の本では「欲しかったモノ」(9人のクリエーターが、自分の暮らしから発想したモノづくり。)がおもしろかったです。
[PR]
by kids_blog | 2006-03-19 12:01 | 読むもの聞くもの

まじっすか。

 ミニコミ、今回から青山ブックセンターに依託をお願いしたのですが、売り切れたという情報が。ほんとでしょうか?東京の方、ガセかマジかお知らせいただければ幸いです。

 ほら〜、だから50部じゃぜったい足りないって言ったのに〜。担当者が信じてくれなかった。。。ま、地方都市のミニコミ誌だからね。そんなもんすよね。せっかく購入のため足を運んでいただいたのに、ご迷惑おかけします。ぜひ書店に一言、「次はいつ入荷ですか?」と言い添えてやってください。
[PR]
by kids_blog | 2005-12-03 00:10 | 読むもの聞くもの

relaxなど。

b0061919_9312427.jpg ちらっと本屋。relax、あたしんち11巻、フィーヤン、Basic Life3など購入。なんかばたばたしてて心が落ち着かない。なので読めない。とりあえず積んでおく。
 機屋さんにショップカードを納品。チーズトーストをいただく。さらに「トラジャ」をごちそうになる。う〜ん、コーヒーリキュールのような、苦味の奥底に甘味がある深い味わい。うめえ。中川ワニコーヒーの話など。ミニコミは1万部も印刷してませんから、2000部ですから(笑)
[PR]
by kids_blog | 2005-11-10 09:39 | 読むもの聞くもの

ヒトのにく。

b0061919_1536148.jpg たま〜に当ブログへコメントしてくださる、盛岡出身イラストレーター・skaさんの子育てブログ本「ヒトのにくばかりやくな」。でましたね〜!おめでとうございま!!この表紙の親子。。。とても他人とは思えません。。。3年前の私?ねえわたし!?という感じ(笑)。書き下ろし多数(らしい)、書店になかったら注文しよ〜っと。お疲れさまでした〜。

 プロ棋士に挑戦してた瀬川さん、3勝してついにプロ入り!!戦後初の偉業をなしとげました。すごいなー。

 そうそう、パリでは暴動。人種問題は各国いろいろあるようで、フランスは外人部隊の国だから、それほど偏見ないのかな〜と思ってたんだけどやっぱりあるのね。。。9/11以後イスラム系へは風当たり強くなったからなあ。。。確かに、昔パリへ旅行したとき、中心部のメトロ駅は綺麗なのに、郊外の街(蚤の市へ行ったのだった)の駅は荒んだ印象だった。ロンドンのような感じ。シティを一歩出るとスラム化が進んでいる。「トレイン・スポッティング」がリアルなら、日本のこれからもちょっと心配。
[PR]
by kids_blog | 2005-11-07 15:40 | 読むもの聞くもの

火事と街。

b0061919_17355193.jpg 大通りに出ようと思ったら、映画館通りの入り口が封鎖されていた。遠くには消防車も見えるし。すわ、テロ!?ガス爆発!?と思ったら、火事だった。ミスドの隣のビルらしい。大したことなかったようですが、普段ないものがあると、びっくりします。「パトレイバー2」の街みたい、とかちょっと思ったり。
 アランチャでまたまた「ワタリガニのアラビアータ」を食べたあと、さわや書店に寄って、「ワンデル」と「広告」を購入。「ワンデル」は3号目。山と渓谷社で出してる、ちょっと乙女な町歩きと旅の雑誌だ。今回は「ビワ取り隊」とか良かったね。蜂蜜もいいね。写真がね。「リンカラン」とか「クウネル」よりも、私たちのミニコミにとても近い位置にある雑誌だと個人的に思っている。そうそう「旅」なんです、「生活」は。
 「広告」は街づくりの話。まあ博報堂さんで出してる雑誌だからね〜。いいんだけど。しかし、「盛岡ブランド」の会議内容を教えてもらったんだけど(もちろん博さんがブレーンとしてくっついてるわけで)、市でたたき台に出してきたキャッチコピー、あまりにもひどすぎ。どんなのか忘れちゃったけど(笑)、とにかくカタカナなわけです。「こんせぷと」の人々は、たいてい「カタカナ」で一般人を煙に巻くのであった。そういう80年代的ものの言い方はもうやめよーよ、と思うんですけど。これからは4字熟語で。いかがでしょうか(笑)
[PR]
by kids_blog | 2005-11-03 17:38 | 読むもの聞くもの

あたらさんと仕事考。

b0061919_16171646.jpg 朝からあちこち回って、家に帰ったらぐりが破壊活動を展開していた。いいかげん慣れたが掃除がめんどう。後かたづけもやってくれい。

 ちらりと本屋。「あたらさん」でましたね。暮らしの手帖という財産をフル活用している。かの雑誌の偉大さをあらためて思う。「ベレー礼賛」を読んでたら、紙町銅版画工房の岩淵さんから電話。奥様の靖子さんはいつもベレーをかむっているのだった。シンクロしてる。私も一時期ハンチングを愛用していたのだが、ベレーも便利そうだな〜。畳んでバッグに入るのがいいよね。「和風がくらしいい。」、ずいぶんあか抜けたな〜、この雑誌。「紋切り型」が可愛くていいね。
 こういう本読んでると、洋服ってヨーガンレールとか着てるように思われるかもなあ。でも私、ぜんぜんちがいますから「物欲」ですから(笑)。ちょっとヘソまがり。おもしろくないじゃんね。

 アホ新人になぜこんなに腹がたつのか(ええ、売られた喧嘩は買う主義なので)、考察。「仕事をなめてるから」。一言で言えばつまるところそれだ。嘘や自己弁護は、まあ人格の範囲なので、それについてはノーコメント。
 私が怒っている事自体は、完璧に「おせっかいおばさん」の領域であるのは確か。しかし、心を痛めている人がいる以上、怒り続けるわけにいかない。すまん。
 ただ、仕事を受注する以上、鬱憤のはけ口をブログに垂れ流ししないほうがいいと思うよ。だってこの狭い街で、ずっと仕事していくつもりなんでしょ?

と、本人にメールしようかと思いましたが、面倒なのでかいちゃったよ(笑)。まあ、そういうことで〜。もうすぐうちのブログも1年たつので、新しい切り口に替えようと思ってたとこでした。ちょうどよかったね。

 温泉にでも行きたいな〜。
[PR]
by kids_blog | 2005-10-27 16:20 | 読むもの聞くもの

前野くん、デジスタ登場。

 仙台のブックカフェ「火星の庭」店主、前野くんからメール。メールは苦手と言っていたのにめずらしい。なんでも、NHK-BSの「デジスタ」に出演するとか!おお〜よかったね!作品も放送されるそう。

10月22日(土)深夜24:00〜24:40
NHK-BS2「デジタル・スタジアム」(この回のテーマは「特撮」)
番組HPは、
http://www.nhk.or.jp/digista/

 前野くん、あんな温厚そうだが、実は特撮マニアの映画監督だ。正しいヲタクだ。昔、夫がお願いして「宇宙刑事シャイダー」をダビングしてもらったことがあったっけ。
 仙台に住んでいた頃は、夫が役者だったこともあり、映像やら芝居やら舞踏やらといった方々と会う機会が多かった。「あべひげ」とかね、懐かしいね。もうかれこれ15年ほど前のことだ。みんな若かったなあ。打ち上げでムチャ飲みして国分町で夜明けの珈琲。道路で寝たり、雑魚寝したり。そんなことをしていた人々も、ある者は3人の子持ちになって家も建てたり、医者になって東京行ったり、新聞記者なのにクイズ番組にでてたり(笑)。まあ、そんな時代もあったんです、わたくしのよーな怖いおばさんにも。
[PR]
by kids_blog | 2005-10-21 01:09 | 読むもの聞くもの

○○力、とか。

b0061919_1610498.jpg あう。右肩がごりごりいってます。イラストをいっぱい描くと、てきめん。マッサージに行くかなあ。おかげさまで今月もなんとか終わりました(かな?)。。。
 「チャオチャオ餃子」で昼ご飯食べてたら、ホルツさんから電話。ご愁傷さまでした。。。(笑)うちにある古いプリンター、差し上げようかとも思ったのですが、ぐりにコードを噛み切られて使用不能なのでした。コードさえ直れば、使えると思うんですけどねー。。。USBケーブルだったらいいんですけど、電力用コードなので、危険。

 ついでに本屋。「決断力」by羽生くん。27万部だって。そんなに羽生ファンが多いとは思えないが(笑)(「なんとか力」って本、多いですね。「老人力」からこっち?)。「集中するということはスキンダイビングのようだ。一気に深くは潜れない」。そうそう、萩尾望都も「デクノボウ」で同じ事を書いてたな。私も散漫な気分だと、仕事がさっぱり進みません。特にイラストはダメね〜。今日は仕上げなければ!という日は、まず掃除。仕事場はともかく(ともかくかい!)、居間や台所に掃除機をかけ、布団を干し、洗濯物も干す!そうしてスッキリしてから机に向かうと、効率よく、描き直しも少ないような気がする。あくまで気分の問題ですけど。
 「pen」は生活のデザイン学。だって。物撮り、「こんな色みで!」と思うんだけどカメラマンにどう言っていいのかわからないので、参考資料として買っておく。「リンカラン」は「暮らす民芸」がテーマ。はなちゃんとハナレグミというのが、あいかわらず狙いすぎな感じでどうもなーだが、岩手ネタが載っているので購入。かなりほっとする(なにが!?)。この本の写真ってみんなハイキーな色味。レビューで載っていた、ビートルズのララバイカバー集、買わねば!畠山美由紀、アン・サリー、原田郁子など。タイトルは「Apple of Her Eyeりんごの子守歌」です。
[PR]
by kids_blog | 2005-10-19 16:16 | 読むもの聞くもの

ダンスが好きだ。

このイベント、ある意味すごくね?ミクシで拾った情報ですが行こうかな〜。

★第二回「身体勝負 土方巽 VS フレッド・アステア」11月12日(土)18:00開演
上映『土方巽 夏の嵐』2003年/71分/1973公演記録(出演:土方巽)
  『空中レビュー時代』1933年/89分/米/ミュージカル(出演:フレッド・アステア)
トークライブ 東野祥子(ダンスカンパニー BABY-Q コレオグラファー兼ダンサー)
×杉本信昭(『自転車でいこう』監督 from 独立シアター)

会場: 門前仲町 門仲天井ホール
東京都江東区門前仲町1-20-3-8F TEL:03-3641-8275 FAX:03-3820-8646
料金:一般2500円 学生2000円(当日のみ販売)
お申し込み 門前仲町 門仲天井ホール 代表 黒崎八重子
お問い合わせ先:
Email: sugi@montage.co.jp 「独立シアター」杉本

 そうそう、ラジオを聞いていたら、アサヒ・スーパードライのCMにタップの熊谷くんが出ていてびっくり。大メジャーだああ。
 シルビィ・ギエム、最後のボレロはまたまた追加公演するらしい。荒稼ぎするな〜。う〜ん、見たい!
[PR]
by kids_blog | 2005-10-17 22:31 | 読むもの聞くもの

盛岡学、でました。

b0061919_2340998.jpg というわけで、聞き書きがお好きな方におすすめのディープ盛岡本、「盛岡学」が出ました!
ライターTさんが編集長となり、わずか3ヶ月ばかりでつくった本です。ハードだったわ。。。
 ミニコミのスタッフ総出演です。わたくしも「神子田の朝市」のルポを書かせていただいております。よろしければお買いもとめ下さい。1500円也。さわや書店さんでしか売っていないそうです。
 
 さっきその発行記念パーティーから帰ってまいりました。帰ったらファクスがいっぱいだったので、これから少し仕事します。。。teboさんは今頃「怪奇奇形人間」かあ。。。
 高橋克彦先生は、全員の挨拶を聞き終えてから退出なされました。さすが、やさしいなあ〜。Oカメが「自分に厳しい偉い人だよ」と言ってましたが、ほんとだね。今頃「奇形人間」の解説に熱弁をふるわれていることでしょう。。。克彦先生が忘れていったライターは、みやこうせい先生が持っていってくれました(笑)。やさしい。ミニコミも「期待してます」っておっしゃってくれた。いい人だ。
 直木賞の熊谷先生と、ぴょんぴょん舎のぴょんさんが似ている、ということを発見する。一緒に写真を撮られていました。どっちも知的なメガネ君で萌え萌え。

 今日は、午後から取材同行。OカメとビッグO氏の給食着姿が可愛かった。
 明日も取材だ〜。MカメとライターAさんと某所でミニコミ3号の撮影。
 Oカメからは「あなここ」と福田パンの写真が上がってきた。レイアウトしなければ。
 青森で動いている仕事も直しが入り、来週入稿。

ひ〜〜〜〜〜!遊んでる暇がないよう〜〜〜。
[PR]
by kids_blog | 2005-10-14 23:44 | 読むもの聞くもの