アナログなど。

全身恥部〜ポジチブ〜♪なkidsです。どうも。
ヒロトはいいなあ。。。最近のヘビロテは何を隠そう「天国うまれ」であります。

弥太郎さんが「暮らしの手帖」新編集長に就任!びっくりした〜。期待できるかな〜?

NHKの、著名人が母校で授業する番組、あるじゃないですか。
あれの「三丁目の夕日」の監督の回をなんとなく見てたのですが、ビデオじゃなくてフィルム映像でした。やっぱりいいなあフィルム。なんなんだろうなこの差は。

 グラフィックの仕事をしてると、デジカメとプリントとポジ、といろんな状態の画像がやってくるのですが、なんかねー、デジは見えすぎちゃって気持ち悪い。「ほらきれいでしょ?緑が今までより鮮やかに!」って言われても、なんかねー、いずいのよん。現実離れしてるっつーか。人間の眼の領域を逸脱してるっつーか。
 ポジはまあ、いいんだけど、たまに分解のせいなのかどうか、目にイタイ感じになったりするよね。線数とかいろいろあるんだろうけど。
 で、ミニコミでプリントをいじるようになって、あー、こんくらいがちょうどいいな〜とやっぱり思う次第です。プリントした写真をスキャナで取り込んで使うの。目に優しいんだわー。まやっとして。

 ということをフィルム映像を見てて、思いました。
 
 デザイン雑誌のインタビューで読んだけど、某写真家も「暗室作業が楽しい」と言ってた。デジも「パソコンが暗室」って言う人いるけど、なんか感覚的に違うんじゃないかな〜どうなんかな〜。「手が嬉しくない」っていうか。便利になっていくと、どんどん作業的にはつまらなくなっていくのではないか。手にもヨロコビを与えなくては。脳が疲れるだけってのはイヤだね。

などと。
[PR]
by kids_blog | 2006-10-28 23:51


<< もうすぐ。 焼きリンゴ。 >>