特権的身体について。

昨日はね、女の子たちのダンスを見てきたよ。

ダニーさんやらA曇くんやら、知り合いいっぱいでヤなかんじー(笑)<いや、ダニーさんやらA曇くんが嫌なのではなく、狭い空間でいろんな人にばったり合うのが決まり悪いっていうかなんか苦手。

テント芝居には慣れてるので、火やら水はまあ「ふ〜ん」なんだけど、電球が頭上で割れたのにはビビった(これは事故)。ペットボトルやボールも飛んできそうだったし、ある意味危険なパフォーマンスでした。どきどき。

もっと広い、中ホールくらいの小屋がよかったんじゃないのかなあ。
思い切り走らせてあげたかったです。
そんでもって今度はもっと「ダンス」を見せてほしいなー。などと。

はい、書きましたよー(笑)

踊る身体って、「特権的」じゃないとなー見る価値無いんだよ。麿赤児くらいないと(笑)
仙台大姉が「良いものしか見たくないんだよ」って言ってた気持ちが最近よくわかる。
12月には県美に「珍しいキノコ」が来ますね。これは見に行きたいけど、クリスマスイブじゃんか。無理だ。
[PR]
by kids_blog | 2006-10-10 14:55


<< いわにち「ロケの空 どんど晴れ」 愛と美について。 >>