いわにち「漆文化まるごと知って」

 ご無沙汰しております。師走とはよく言ったもんで、年末というのに取材同行が続き、ブログの更新できず。飲んでませんから(笑)。パワーブックでもあればいいんでしょーけど、重いからヤなんだよね。それに旅先でまでPC仕事はしたくないっつーか。おかげでメールがたまり放題だった。ミニコミ関係のお返事も遅くなって申し訳ないです。まあそんなわけで。昨日はこんな街角に立っていました。どこかわかったらエライ。地元の方はおわかりだと思いますが。

b0061919_1050598.jpg
 びっくりしたことがひとつ。街をうろうろしていたら、ミニコミでもお世話になってる建築家の渡辺先生が、向こうから歩いてくるではありませんか!!!なぜこんなところで??「この道路のデザインをしたのは私なんですよ」とのことで、完成前の検査に立ち会っていらしたらしい。先日の「山根六郷でY氏(そういえば岩手日報で連載もなさってましたね)とばったり」に引き続きの「ばったり」でした。ああおどろいた。



b0061919_10502672.jpg

 さて、新聞ネタは先日もブログにアップした、「浄法寺漆」のパンフ。天台寺の歴史や漆掻きの作業、塗りの行程、漆器の活用例などなど、読み応えありますよ〜。浄法寺役場か滴生舎で配布しております。近郊の観光施設にもおいてあるみたい。器やプロダクトデザインに興味のある方は、ぜひご一読ください。

 そういえば、別のところからも「漆」に関するプロダクトの意見を求められている。担当の方と話していて思うのは、「オヤジよ、もっと街へ出よう!」ということ。今の事を知らないでいると、どんどんアタマが固くなっちゃうよ〜。「女性ならではの意見を」なんて言われても、「女性」というカテゴライズでもう「終わってる」感があります(笑)
[PR]
by kids_blog | 2005-12-15 10:53 | いわにち


<< いわにち「15歳浅田V」 忘年会シーズン到来。 >>